家庭教師のポイント

「子供には最良の勉学環境と先生を与えたい」と願うのはどの親も同じです。塾に通わせるか、家庭教師にするか、悩まれている人も少なくないでしょう。選ぶ際はまず、我が子のタイプを考えてみましょう。友達とワイワイ遊ぶのが好きで、何事にも競争心を持っているお子さんは、塾の方が伸びやすいタイプです。反対に、周りの子に気を使いなかなか自分の言いたいことが言えないタイプや、黙々と一人で取り組むのが好きなお子さんには家庭教師が合っているといえます。また、塾はカリキュラムがあり、それに沿って授業が進むので、生徒によっては理解ができている子もいればできていない子もいますが、授業はどんどん進んでいきます。しかし、理解ができていない子のためにも、個別指導(別料金がかかることもあります)で、遅れを補ってくれるところもあります。ゆっくり理解されるお子さんは、自分でしっかり分かるまで考えることができるので必ず伸びるでしょう。「ここを目標に」と、明確な狙いがあるので、この面でも、塾は皆と競い合う気持ちの強いお子さんに向いていると言えます。それでは、一方の家庭教師はどうでしょうか。塾とは違い、カリキュラムがないので、進み具合は家庭教師によって違います。そのため、成績が目に見えて上がるまで時間がかかることがよくあります。しかし、お子さんと1対1でゆっくりと分かるまで説明してくれますので、お子さん自身もできたという自信につながります。家庭教師の目的は成績が上がることだけでなく、勉強の楽しさを知ったり、勉学の姿勢を身につけたりできるのもポイントです。












サブコンテンツ